ブログパーツ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ぶらり柔術の旅~ma-pai☆ヒーリングとらいある~

*注意:この日記は一部フィクションを含みます。事実と違う部分があっても目くじらを立てずに、ましてや腹など立てずに読みましょう。

みなさんお待ちかねのぶらり柔術の旅の新作です。
今回は地元松戸市馬橋の「真南風(マーパイ)」で行われた柔術ワークです。
前回の市川でも近かったのに今度は徒歩5分の場所。

そこまで近いと旅じゃなくて散歩だろというつっこみがまた来そうですが、なんと言おうとこのシリーズはぶらり旅で通す予定です。

細かいことにこだわるのはよくありません。

千葉にあっても「東京ディズニーランド」、葛飾区にあっても「銀座アスター」、川崎にあっても「新宿中村屋」が許される世の中です。
徒歩5分の場所を旅と言い切ってもバチはあたらんでしょう。
もしバチがあたるとしたら先に東京ディズニーランドにあたるはずです(-""-;)。

だから、もし「東京ディズニーランド」が「千葉ディズニーランド」に変わったならわしも「ぶらり柔術の旅」を「ぶらり柔術散歩」に変えてもいいです。
なんだったら「ぶらり千葉ディズニーランド」にしてもいいです。


さて今回は、5月31日、真南風(マーパイ)で「ma-pai☆ヒーリングとらいある」というイベントが行われ、1部が柔術、ヒーリングヨガ、気功整体の3本立てのワークとなっており、わしはトップバッターとして講師をやらせてもらいました。

それぞれのワークの申し込みは別々ですが、時間も短く参加費もお手頃なので3本続けて受けるというかたも多かったようです。
柔術の単独のワークだったら参加者がいなくて当日は一人でエア柔術でもやる覚悟をしていたので、これはラッキーだった。

最終的には柔術のワークには7名の奇特な方が申し込んでくれました。

ほんのわずかでも柔術に興味と期待を持っていただいたことに感謝の念と疑心暗鬼とプレッシャーを隠し切れません。

参加して頂いた方の興味と期待を裏切らないためには、ワークをしないで帰ってもらうのが最善の方法なのだがそれだと詐欺だと言われてしまうかもしれない。
といっても、わしのワークは受けた後でも詐欺だと言われるのでどちらにせよ結果は同じだ。
それなら迷ってもしょうがないと、腹を決めてワークをすることにした。

まずは、ご挨拶。

「みなさん、今日はワークに来ていただきありがとうございます」

「ヨガや気功を受けるついでに時間つぶしに柔術を受けようと思った皆様、大正解です。」

「寄席でも大体最初は前座が出てきて、その後二つ目、真打となるわけですが、この柔術は前座ですから場慣らし程度に思っていただければ幸いです」

「うっかり柔術ワーク期待するとがっかりする可能性が大です。賢い皆様は前座なんかには期待せず、この後のヨガや気功整体に期待してください。」

「そして今回、柔術だけに参加されるという方、あなたはラッキーです。幸いこの柔術ワークがどんなにひどいものでも他のワークと比較せずにすみますので、この柔術ワークが今日一番面白いワークだったと思い込んで帰ることができます。」

「万が一、つまらないと思ってもその後のヨガや気功はもっとつまらないから受けなくて良かったと思っておけばきっとがっかりすることもないでしょうし腹も立ちません。何事も思いこめばなんとかなるものです」

話しながら参加者の反応を見てみる。
目はつぶっていないからとりあえず寝てはいないようだ(ーー;)。

さて、今回のワークはなんと45分というショートタイム。
通常のワークは2時間ほどなので時間配分が難しい。
いつものペースで進めていくと最初のお話だけでワークのほとんどが終わってしまう。
仕方ないので、今回はお喋りを控え、ついでの技の出来も控えながらワークを進めた。

最初は誰がなんと言おうと定番の八光捕り。
ただし、今回はタイムリミットが早いのでいつもよりも手早く説明&体験してもらった。

わしが技をやりながら説明するのだが、参加者は初めての感覚を理解しようと質問をしてくる。

「力でやると、動かないでしょ。でもこうやって力を抜くと、ほら動く」

「それは力じゃないのですか」

「はい、力じゃありません」

「普通とは違う別の力なんですね」

「いえ、力を使わないから動くんです」

「力を使わなかったら動かないと思うんですが」

「力を抜いたまま動くんです」

「それは力でしょ?」

とまるで鶏と卵みたいな迷宮ループのようなやりとりを繰り返す。
まあ、日常の身体の使い方とはかなり違うので最初は誰でも戸惑うものです。
わしなんかもいまだに戸惑ってますから。

柔術の難しいのは、理論がわかるから技ができるのではなく、技ができるから理論がわかるという点。

たとえば自転車に乗る場合は、左右の重心がどっちとか、どの角度でどのくらいの力で押すとか理屈で聞いただけでは乗れるようにならないよね。

現実に自転車の乗ろうとしている人だって、理屈で納得してから自転車に乗るわけでもなく、とにかく乗って練習していつのまにか乗れるようになるわけだ。

柔術も同じように「まずはやってみましょ。できるようになればわかりますよ」という世界なんだよね。

まあ、それでもまったくマニュアルがないんじゃ不親切だから柔術は多少無理矢理でも感覚を言葉にして説明しているわけだ。

身体感覚というのは言葉にできない部分が多いんだよね。
小田和正も歌ってるでしょ「こと~ばに~できぃ~ない♪」って。
この歌が実は柔術のことを歌った曲ということは知らない人が多い、きっと小田和正も知らないだろう。


ワーク参加のみなさん、ノリが良かったのでボケとツッコミにかなりの時間を割いてしまい、具体的な技は2、3手しか出来なかった。
予定では50手ほどやるつもりだったのだが、ちょうどワークが始まった瞬間に47手ほど忘れてしまったのでちょうど良かった。

力の抜き方を説明しながら、わしは手を抜き、気を抜き、なんとか時間ちょうどぐらいにワークを無理やり終了。
なんだか尻切れトンボな終わり方だったような気がするが尻切れトンボじゃない終わり方をしたことがないのでいつも通りである。

無事に終わったことにホッとしたら、参加者の皆さんも終わってホッとしたような顔をしていたのが印象的である。


柔術ワークの後のヒーリングヨガと気功整体にもわしは参加者として出た。
思ったとおり素晴らしいワークだった。
3本のワーク全部を出た人は柔術ワークでがっかりしても、後の2本のワークを受けたことできっと満足できただろう。

柔術のワークだけを出た人は・・・ねがわくば、この日記を読まないことを願っている。

| ぶらり柔術の旅 | 22:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶらり柔術の旅~姜氏門内功武術研究会編~

*注意:この日記は一部フィクションを含みます。事実と違う部分があっても目くじらを立てずに、ましてや腹など立てずに読みましょう。


みなさんお待ちかねでした。
前回の日記が大変好評だったという夢を見たのでさっそく第二弾です。
今回のぶらり柔術の旅は、マイミクでもあるPOPOBEさんの「姜氏門内功武術研究会」編である。

場所は千葉県の市川。

そんな近くじゃ旅じゃねえだろ、と突っ込まれそうだがいやいや何をおっしゃるエチカさん。

そもそも旅とは何ぞや?

新幹線に乗ったら旅か?
一泊したら旅か?

旅というのは人それぞれに定義が違うのである。
わしの場合、近所のコンビニに行くときはいつも「ちょっと旅にでてくる」と言って出かける。
近所でも遭難の可能性が捨てきれない方向音痴のわしにしてみれば一歩ドアの外にでればすべて旅みたいなものなのである。

いや、そもそも人生は旅である。
そして人は人生を旅する旅人なのである。

目的のない旅もある。
目的があっても迷う旅もある。
人生いろいろ、あぁ、素晴らしき人生ぶらり旅。

付随的な理由としては、これを旅と言い切らないとこのシリーズものにならないという子供じみた大人の事情もあったりする。
いつからシリーズになったんだ?と言われる方もおるかもしれないが、この日記は最初からシリーズを前提にしていて、日本全国を柔術でぶらり旅するというのがコンセプトなのである。

そういう意味では2回目にしてえらい近場のぶらり旅になってしまったが、当分遠出の予定もないしシリーズ存続の為には多少の妥協は必要なのである。
いっそのこと今回は番外編という案も考えたのだが2作目にして番外編というのもいかがなものかと思いやめた。


さて、あまり前フリが長いとぶらり旅シリーズのファン(いるのか?)から苦情がきそうなので、そろそろ本文にはいろう。

場所は市川のとある場所。
なぜか、わしの嫁も同伴。
嫁は中国武術は初体験ということでやけに張り切っていた。
これ以上強くなってどうするんだ、と思いつつも今回はわしの秘書兼ボディガードということで参加してもらうことにした。


稽古時間は13時から18時30分という長丁場。

長いな・・・

わしの場合、医者に激しい運動(フルマラソンを全速力で走る、潜水を30分以上する、象を持ち上げる等)を禁じられているので、無理のないように、今回は15時過ぎに練習場所に行くことにした。

それでも長いと思ったけど、途中でトイレに20回位行けばあっと言う間に過ぎるだろう。

稽古場所に着き、POPOBEさんと挨拶。
早速わしのことを「八光流柔術の先生のあんころ猫さんです」と生徒さん達に紹介。
その場にいた生徒さん達がいっせいにわしに注目。

あぁ、視線が痛い。
どうせなら高貴の目で見て欲しいのだが、生徒さんたちのはどうみても好奇の目でわしを見ている。
やばい、すでにプレッシャーが・・・そろそろ一回目のトイレに行った方がよいかもしれない。


なにはともあれ中国武術の稽古スタート。
POPOBEさんのことだからマニアックな稽古をしていると思ったが予想以上だった。
型ただ繰り返すのではなく、ひとつひとつ用法を抜き出してそれを稽古しながら、身体の使い方をこと細かに修正していく。

で、この姿勢に対する要求がむちゃくちゃ厳しい。

肩胛骨を閉じろから、位置を変えずに足を内側に捻れとか、骨盤をもっと中に入れろとか、目を二重にしろとか、殆どミリ単位で修正してくる。

ヾ(- -;)おいおい、これらの要求はまるで逆立ちしながらスクワットしろと言っているようなものである。

昔から無茶なことばかり言う男だったが、ここまで無茶なことを言うとは思わなかった。


あまりにも出来ないわしを見かねてPOPOBEさんが自分の身体を触らせて説明する。

「肩甲骨が・・・こう、骨盤は・・・こう・・・」

おお、すごい!

昔から無茶なことばかりやっていた男だったが、本当にこんな無茶なことが出来るようになっていたとは知らなかった。

彼なら本当に逆立ちをしながらスクワットが出来るのかもしれない。

よくみると生徒さん達も、POPOBEさんの要求を少なからずちゃんとこなしているではないか。
むむむ、レベルが高いのだ。


そして稽古の途中でPOPOBEさんから「あんころ猫さん、ちょっと生徒達に柔術をレクチャーしてくれませんか」と言われた。

来た!

そんなことを言われるような気はしていたのだがPOPOBEさんをはじめ、生徒さん達のレベルをみた後では、わしのインチキ柔術をレクチャーするのは少々気が引ける。

「いや~、実は柔術の師範というのは嘘です」とでも言おうと思ったが生徒さん達はすでに目をきらきらさせてわしのレクチャーを待ちかねている。

ぴーんち!
肝の据わった人間ならここでピンチをチャンスに変えるんだろうけど、わしの場合はチャンスをピンチに変える方が得意だからな。

いっそのこと「わしと柔術と猫」というタイトルで講演でもしようかと思ったが、そういう冗談が通じるような雰囲気でもない。

しょうがない、なんとかやってみるか。
もし、技がうまく行かなかった時は、実は熱が40度あるとか、産後のひだちが悪いとか、ここは風水的によくないとか言っとけばなんとかなるだろう。

「えー、では本日は誰でも出来る一番難しい技をやりたいと思います」

くすっ

よし、笑った。
やっぱり何事も最初のつかみが肝心。
つかみなくして柔術なし、掴まなくては柔術なし。

というわけで定番の八光捕りを簡単にレクチャー。

一人ずつ手を取りながら教えていったのが人数が多いので時間がかかる。
わしがコマネズミのようにちょこまか動き回りながら手を取る姿は、名古屋での稽古の時と同じ状況である。

見かねたPOPOBEさんが技の実技は希望者だけに手を取ってもらいましょう、と助け船をだしてくれたので助かった。

わしって、基本的に技って直接手をとって教えたいんだよね。
それはわしのポリシーみたいなものだからなかなか曲げられない。
ましてそれが若い女の子が相手の場合は、絶対曲げない。

まあ、ぐだぐだと喋りながら、とりあえず引き算という考え方を説明しながら力を抜いた技を体験してもらった。

みなさんにも八光捕りをやってもらったのだが、上手。
力を込めて握ってもその緊張につられずにリラックスを保てる方が多いのは驚いた。

なるほど、みなさんダテに逆立ちしながらスクワットできているわけじゃないのねー。

そんなことをやっているうちに時間は過ぎ、わしのレクチャーは無事(だったと思う)終了。


稽古の後は、POPOBEさんや生徒さんたちとお食事。

POPOBEさんとは何しろ古いおつきあい。
学生時代の懐かしい話で大いに盛り上がりました。

あの頃の仲間で、いまでも変わらずに武術を継続している人はだいぶ少なくなったからね。

そういう意味ではわしもPOPOBEさんもなかなか貴重な生き残りの古株なわけだ。

しかし、古いという意味では同じはずなのに、POPOBEさんは天然記念物のように価値がでているのに、わしは使えなくなった中古家電みたいになってしまっているのはなぜなんだろう。

やはり、これはPOPOBEさんの「好きこそものの上手なれ」とわしの「下手な横好き」の違いなのかもしれない。

千里の道も一歩からとはいいますが、わしの場合下手すると最初の一歩から方向が間違っている可能性があるからな。

あぁ、まさに人生ぶらり旅。
わしの途中下車の旅はこれからも続くのであった。

| ぶらり柔術の旅 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶらり柔術の旅~名古屋編~

*注意:この日記は一部フィクションを含みます。事実と違う部分があっても目くじらを立てずに、ましてや腹など立てずに読みましょう。


ことのはじまりは、ミクシィで久しぶりに再会した名古屋にいるの兄弟子の波動さんとのやりとりだった。

「名古屋に来て、弟子に稽古つけてくれない?」

「何をおっしゃるうさぎさん、わしなんかよりも上手な師範がいくらでもいるでしょ、というかわしらの師匠を呼べばいいじゃないですか」

「いや、師匠とかレベルの高い師範だと難しすぎるんだ。もう少しわかりやすいレベルの人の稽古の方が初心者にはいいんじゃないかと、思って」

「なるほどいきなりエベレストの山を見せてもあまりもの高さに皆、登る意欲さえなくしちゃうもんね。
そこでもっと手軽に登れる山として富士山のわしが登場というわけですね」

「意味はあってるけど、君の場合は富士山ではなく滑り台程度だろ」

「す、す、滑り台ですか。それまた随分と一気に手軽になりましたな。あっ、なるほどその滑り台は3776メートルぐらいあるわけですね」

「まあ、好きなように解釈してよ。どう来る?」

「よし、わかりました。日本を代表する滑り台としてそちらに伺いましょう」

微妙に解せない気もしたが、みそかつ、ういろう、天むす、ひつまぶし、と名古屋グルメを思い浮かべてわしは名古屋行きを決心したのであった。


そして出発当日。


隣の駅からでも迷って家に帰れなくなるわしが名古屋に行くなんて、はじめてのおつかい並みの大冒険である。

東京駅でうろうろしながら何とか目的の電車を探しだす。
電車案内掲示板を見ると「名古屋行き」と書いてあった。

( ̄0 ̄;おっ!名古屋駅が終点じゃん!

これなら乗務員に追い出されるまで席に座っていればいいのだから簡単だ。
わしは安心して乗り込んだ。

というわけで、この時点でわしはかなりの確率で名古屋に無事到着できる気がしてきたわけだ。

多少残る心配としては、

・途中駅を名古屋と勘違いして降りる
・トイレに入ろうとして間違って外にでてしまう
・そもそも名古屋行きの新幹線に乗ってない

とまあ、これぐらいだが乗っていてしばらくすると新横浜駅が見えたのでとりあえず東北には向かってないことが確認できたのでたぶん大丈夫だろう。


ま、そんなこんなで名古屋に無事到着。

ホームにて波動さんと十数年ぶりの涙、涙の感動的な再会・・・というほどでもなく「よっ、久しぶり」「どもども」みたいな感じである。
久しぶりにあってもこういうさらっとした挨拶が出来る関係はいいね。

そして昼飯を食ってから稽古場に向かい、いよいよ道場のみなさんとご対面。
ひい、ふう、みい・・・おぉ結構人数いるな。

多分100人ぐらいいたんじゃないかな、まあ、もしかしたら8人ぐらいだったかもしれないけど。
まあ、どちらにせよ沢山の強者どもがわしを待ち構えていたわけだ。

(-""-;)ムム・・・、ちょっとプレッシャーである。
いかん、いかん、場に飲まれては負けだ。
飲んだら飲むな、飲むなら乗るな。
飲んで飲んで飲まれて飲んで
ぶつぶつ独り言を言いながら気持ちを落ち着かせた…( ̄。 ̄;)ブツブツ。


まずはみなさんの自己紹介から。
ミクシィで名前は知っている人が多いので紹介を聞きながら「おぉ、この人が○○」「へー、○○さんってこういう人なんだ」と一人で勝手に納得しながら聞いていた。

そして、わしの挨拶。
「みなさん、今日は。今日は波動さんから3時間の稽古時間をいただきましたが、そんな長い稽古はしたことがないので、間に休憩を1時間ほど挟もうと思ってます。」

「くすっ」

よし、少し笑った(= ̄▽ ̄=)。

「わしは名古屋に来るのは生まれて初めてです。この初めての名古屋旅行が良い思い出になるか、トラウマになるかはみなさんの心がけ次第です。
どうか、わしが帰りの新幹線で泣きながら帰ることがないように大人の対応を期待しております。
くれぐれもわしの目が涙目になっときはもう黄信号ですので、充分に気をつけて腫れ物を触るように対応してください」

なんだか道場のみなさんがあっけにとられたような顔をしているが、きっと名古屋では「はい、わかりました、任せておいてください」という顔がこういうのなんだろう。

とりあえず、これぐらい情に訴えておけば、意地悪される可能性はだいぶ低くなっただろう。
まあ、稽古中にもし技がかからなくてどうにもならなくなったら持病のシャクがとかいってトイレにこもってしまえばいいから問題はない。

とにもかくにも稽古スタート。
最初は八光捕り。
もうこれはどんな稽古でも定番ですな。

手を握れば個人個人の大体の力の抜け具合、感覚の鋭さ、身長、体重、血液型、星座、好きな食べ物はわかるからね。

八光捕りの後は、合気投げ、引き投げ、腕の降ろし方、腕の回し方、踵の使い方、膝・肘の抜き、等々矢継ぎ早にこなしていく。

これは、次から次へと技を変えていくとそのめまぐるしさに頭と身体の切り替えがついていけなくなり頭が混乱してくるので、その混乱に乗じてさらに技をかけつづけ「あれ、その技おかしくない?」などという不埒な考えを起こさせないようにする、という高度なテクニックの一つである。

それにしてもさすがにこれだけいると体力の消耗が激しい。
柔術の技は省エネなんだから疲れなくてもよさそうなのだが、わしの場合、技の解説の時にいちいちダメな例で力をぶつけるというのをやるのだが、それが一人、二人ならともかく100人(もしかしたら8人だったかな)位の人数を技の度に全員やっているとさすがに息が切れてくる( ̄u ̄;) ハァハァゼェゼェ…。

人数が多いときの稽古法もちょっと考えた方がいいかもな。
とりあえず千葉に帰ったら分身の術の本を探してみよう。

そんなこんなで稽古は無事終了。
夜は波動さんや道場のみなさんと飲み会。

波動さんがもってきた大吟醸の「空(くう)」
かなり希少な酒らしい。
でら美味かったぎゃあ。
わしは日本酒の種類は詳しくないのだが、グルメなので味の違いはわかる。
だからこれを飲んでみてジュースの「Qoo」とは味が違うことがはっきりとわかったもんね。

あとはビールやら焼酎やら飲んで最後はフラフラに (((。o・))))((((・o。))) ・・・。
稽古の場には飲まれずにすんだのに酒には飲まれてしまいました。



そうしてやや二日酔いながらも翌日も、午後から稽古。

もう道場のみなさんとは心の友みたいなものである。
わしが右手を挙げてといえば右手を挙げるぐらいの信頼関係はちゃんとできあがっている。

まずはつかみの挨拶、「みなさん、今日もよろしくお願いします。昨日の稽古でネタも体力も使い果たしたので今日の稽古は間に休憩を2時間くらい挟もうと思ってます」


「・・・」


???r(・x・。)アレ???、どかーん大爆笑じゃないの?
だって昨日、くすって笑ってたじゃん。
あの時よりもわしとみんなはもっと心がつながったよね。

あっ、そうか聞き逃しちゃったのかな。
そうだな、きっとそうに違いない( ̄∇ ̄;)。
ちゃんと聞いてたらこれ大爆笑だもん。
みんな、昨日の稽古でちょっと耳が遠くなっちゃったのかもしれないな。
うん、そうだ、そうに違いない。

とりあえず気をとりなおして稽古スタート。
重さの乗せ方、接触面の圧を維持したまま動く、腕相撲もどき、足指の使い方等々。

ちょっと教えるとみなさん自主的にどんどん稽古をしていくので非常にらくちんである。
何も言わなくても自分達で工夫をしながら稽古をするので、時々わしがいなくても稽古が成り立つんじゃないかと錯覚するぐらい。
もちろん錯覚に決まってる、そうだそうに違いない。
稽古の後半は波動さんにバトンタッチして普段の稽古の様子を見せてもらった。

そうして、無事に稽古も終了。
波動さんに名古屋駅まで車で送ってもらった。

新幹線では、駅で買ったみそかつ弁当食べながら帰りました。
優しいみなさんの心遣いで今回のぶらり柔術の旅名古屋編は無事楽しむことができました。

とりあえずこれを機に名古屋に移住しようかと考えています。
良い物件があったら教えてください<(_ _)>

| ぶらり柔術の旅 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |