ブログパーツ

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

八光流柔術で何を学べるのか

武道の道場という堅苦しいとか稽古が厳しそうとかのイメージを持っている方が多い。
しかし当八光流柔術の道場はそういった堅苦しさは一切なく、むしろ和気あいあいとした雰囲気で笑いながら稽古をする場所です。

勝ち負けや強い弱いではなく、身体の力を抜くことでの健康促進や他人とのコミュニケーション力の向上といった面を重要視しています。

色々な方とお話していて、八光流柔術を学ぶことで日常にどのように役立つのか知りたいという声をよく聞きますので、今回はそれをなるべく具体例を挙げて説明したいと思います。

・疲れづらい身体になる
力の抜き方を学べば、今までパソコンの作業をするのに10の力を使っていた人が5の力で出来るようになればその疲労感は半分です。
肩凝りや腰痛などの症状ももとをたどれば身体の余分な緊張が原因です。
身体の力が抜けるようになれば無駄な緊張も減るので腰痛・肩凝りなどの症状も自然に改善されていきます。

・毎日ぐっすり目覚めもスッキリ
普段から力を抜くことが出来ないと寝ている時でさえ身体の力は入ったまま。
これでは本来身体を休めるための睡眠も目覚めたときには逆に疲労感が出てしまいます。
身体の力を抜くことで身体全体がお休みモードに入り睡眠を深くなり、朝の目覚めも疲れが取れてスッキリします。

・満員電車もストレスフリー
力の衝突というのは、お互いに力をぶつけたときに起こります。
ということはもし相手が力をぶつけにきてもこちらがその力にぶつけなければ相手はぬかに釘のような状態で衝突が起きません。
毎日の満員電車であっちに押され、こっちに押されでストレスを感じている人も多いかと思いますが、それは相手に押されることで無意識に自分も押し返しているから衝突が起きているのです。
八光流柔術でぶつからない身体になればどんなに押されても押されているという感触がなくなるので満員電車も居心地の良い空間に変わります。

・居酒屋でもリラックス

リラックスというと静かな部屋で癒し系の音楽とお香をたいて目をつぶって瞑想するようなイメージがあり
ますが、日々の生活空間というのはそんな静かな環境ではありません。
ですのでどんなに静かな環境でリラックスが出来ても一歩外に出ればすぐに緊張してしまうのでは意味がありません。
八光流柔術は相手と接触した状態で身体を動かすことで外部からのストレスがあってもリラックスできる身体を作っていきます。
そのような身体が出来てくればたとえ居酒屋のような騒がしい場所でも身体はいつでもリラックスした状態を作れるようになります。
人や音にあふれた騒がしい日常の中でも身体をリラックス出来る方法を学べるのが八光流柔術です。

・苦手な人間関係も克服
我々は毎日、色々な人達とのコミュニケーションをしています。
時には自分とは合わない、苦手な人達との付き合いも避けられません。
苦手な人を前にすると自分の身体は無意識に緊張して肩に力が入ったり呼吸が浅くなったりします。
そんな時でも力を上手に抜けるようになれば不思議と気持ちも落ち着いてコミュニケーションはグッと楽になります。

・会話もスムーズに
会話でも相手の投げかけてくる言葉に自分の言葉をぶつけてしまうと衝突が起こりやすくなります。
例え会話でもぶつからない身体は生かされてきます。相手がどんな話題をぶつけてきてもふっと力をぬいて相手の言葉を受け止めれば不思議と相手との衝突も減り、会話もスムーズにこなせるようになります。

・自分の身を護れるようになる
八光流柔術の護身というのは必ずしも暴漢者などから身を護るということではありません。
日常生活の中で怪我や病気から身を護るということも立派な護身です。
怪我というのは転んだりぶつかったりというシチュエーションが多いと思いますが、そんな時にうまく力が抜ければ怪我をしなくなります。
また、突然何かが落ちてきたりというような場面でも身体が固まってしまえばそこまでですが、力が抜けていれば一歩身体を動かすことで助かることもあります。

・免疫力のアップ
八光流柔術は転がることで全身のマッサージ効果もあり、また経絡を刺激する武道なので稽古をしているだ
けでツボ押しと同じ効果があり、免疫力も高まり病気になりづらく、また風邪などを引いても回復が早くなります。

・スポーツ能力の向上

八光流柔術ではどのような場面でも無駄な力を抜いて動ける身体を作っていくので、他のスポーツ又は武道をされている方でも役にたちます。
無駄な力を抜き、身体が楽な状態で動けるようになればパフォーマンスの向上につながります。

・一生楽しめる趣味
力を使わないので年齢に関わらず生涯出来る趣味です。
しかも、稽古をしていればずっと上達し続けるので何歳になっても若い人たちと対等に、いやむしろ年をとった方が若者をより簡単に投げたり転がしたり出来るようになります。
お金もそんなにかからない、広い場所もいらない、身体ひとつあれば一生楽しめる趣味です。

| 未分類 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |