ブログパーツ

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「力をずらす」

最近の稽古でみんなが苦労しているのは相手と力をぶつけない動き方。
これがなかなか難しい。
脱力ができたとしても動いたとたんに相手と力がぶつかってしまっては元も子もない。

相手の力の方向とこちらの力の方向をずらせば良いのだが、動きが大き過ぎるとずらしているのが視覚でも認識されてしまい動いた方向に相手がをさらに軌道修正してきて動きを抑えられてしまう。

要は相手に方向をずらしたが「わかる」のはだめなんです。

竹串その為にもまずは腕を一本の棒のように考えずにもっと細かく、竹串の束のように考えるというところから始める。

もし腕が一本の棒と考えしまうと方向をずらそうとすると腕全体の方向を変えないといけなくなり、これでは簡単に相手に動きについてこられてしまいます。
しかし腕の中に竹串の数だけ力の方向があると考えれば、力というのは基本的に一方向にしか向かえないのだから、力の出している竹串以外の竹串から押し返してやれば相手は簡単に崩れる。

理屈は簡単なんだけど問題は相手に力の方向を変えたことを気づかせないという点。

たとえば、相手の力がでているAという竹串をさける為にBの竹串から押し返そうとしても、相手がBの竹串に方向を変えられたとわかってしまえば力の方向をBに変更して対応してしまう。
それをC、Dと変えていっても相手がそれに気づいてしまえば同じです。

この辺りは「変化させずに変化する」という技術が必要なんだけどそれはまた別の機会に。

砂漠の木
とりあえず考え方として力の方向を面ではなく点で捉えられるようになれば力の方向を変えることはそれほど難しくない。
なにしろ無数の点のうちぶつかるのはたった一点だけでそれ以外の点はすべてぶつからないのだから。

でも人って無意識に「手ごたえ」「結果」「達成感」が欲しくなるから力を避ければいいのにわざわざ力のある所にぶつかりにいっちゃうんだよね。
私はそういう状態を、砂漠の中にある一本の木にぶつかりに行くと言っている。

相手とぶつからない動きを身につけるにはまずは、手ごたえを求めないという意識の切り替えも大事なのかもしれません。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

8月4日(土)開催!
「古武術に学ぶ ぶつからないココロとカラダの使い方」
詳細はコチラ

| 稽古日誌 | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT