ブログパーツ

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「先に重さを乗せる」

相手の「先」に重さを乗せる稽古をしました。

重さを乗せる場合、相手のどの部分に重さを乗せるかで効果が全然違ってきます。
例えば、手のひらに5キロのおもりが乗ったとしたらもちろんそれはそれで重いですが、もしこの5キロが人差し指の先に乗ったらおもりが乗った瞬間、ものすごい重さを感じるはずです。

先の重さ1つまりいかに重さというのはとにかく乗せれば良いというわけではなく、いかに相手の先に重さを乗せるかというのがポイントになります。

そこでこういう稽古をしてもらいました。
正座した状態で相手には正面で立ってもらい腕をつかんでもらいます。
この状態から相手の先である人差し指に重さを乗せていきます。

その為の方法としてはまずは腕を脱力します。
やってみればすぐわかりますが腕が緊張したままだと腕は重くなく、むしろ緊張すればするほど軽くなります。
これはどの技でも言えることですが、重さを乗せるのに一番邪魔なのが筋力なのです。
柔術における重さはあくまでも重力によって作り出します。

注意点として腕を脱力する時に非常に多いのが猫背になってしまうパターン。
確かにこれでも腕は脱力できるのですが、腕だけがぶら下がった状態なので実はあんまり重くない。先の重さ2
しかも腕が身体から切り離された状態なので腕は死んだ状態になり、これでは技になりません。

ではどうするか。
姿勢が崩れないようにまっすぐを保ち、肩甲骨を背中側に降ろすようなポジションを取ります。
相手に腕をつかまれた状態でこの肩甲骨のポジション取りをすると肩甲骨が背中に降りた瞬間、相手はガクンと前につんのめりそうになるぐらいの重さがかかります。

このポジションを取ることで、相手には腕だけでなく身体全体の重さが乗っかります。

ただしこの時にしっかりと先に重さをのせないと相手は崩れづらいので注意。
ここまでのポジションがしっかり出来たならあとは簡単。
そのまま相手の先である人差し指を意識して腕を降ろしながら軽く引けば相手は簡単に崩れてきます。

相手の「中」に入ると力がぶつかり、「外」に出てしまっては技にならない。
「先」はどんな技でも活きてくるので感覚をつかんでもらう為にもしばらくは先の稽古が続きそうです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

6月29日(土)開催!

「古武術に学ぶ ぶつからないココロとカラダの使い方」

詳細、お申し込みはコチラをご覧ください

| 稽古日誌 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT