ブログパーツ

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「力の吸収」

技には色々な術理はあるのだが、その一つとして相手の力を吸収するというものがある。
相手の力を無力化すると言ってもいいのですが、こういうのは難しく説明するといくらでも難しくなるのでなるべくシンプルに説明していきます。

まず最初に相手の力を吸収する為の条件として身体全体がつながっている必要があります。
なぜなら相手の力を腕だけで反発すればすぐに力負けするし、逆に腕だけで力を吸収しようとしてもそれは単に力をそらしているだけになってしまいます。

では身体がつながった状態とは、どういう状態でしょうか。

力の吸収1一番わかりやすいのは、誰かに手を押された時にそれを後ろの足でふんばっているという状態です。
これは相手との接点である手に受けている力を足裏で受け止めているわけですから身体全体がつながっていると考えていいわけです。
ただし足で踏ん張っているだけでは吸収というよりは衝突ですので、相手の力が強くなればいずれ押し負けてしまいます。

そこで次に必要なのが関節の抜きです。
具体的には肘と膝、この二点の抜きが一番のポイントです。

接点は変化させずに(これも非常に重要)、肘や膝を抜いて接点からの相手の力を足裏にアースしていくようにしていきます。

説明としてはこれだけなんですが、実際に出来るようになるのはそれなりの稽古が必要です。

特に難しいのは接点を変化させないことと、肘や膝を抜いた時に身体のつながりが切れないようにすること。

力の吸収2
身体が柔らかい人はくねくね動くことで相手の力をそらすことが出来ますが、これは単に関節の可動域をめいっぱい使っているだけなので動きが大きくなりがちですし、相手の力自体は吸収できていません。
もし身体がつながった状態をつくれていれば、外から見た限りほとんど身体を動かさずに相手の力を吸収することが出来ます。

うまく吸収できれば実体はあるのに手ごたえが無い状態。
まさに「暖簾に腕押し」「糠に釘」という感じです。

まてよ、もしかしたら「暖簾(のれん)」や「糠(ぬか)」なんて言葉、最近の人は「なにそれ?」なのかな。

私の使う言葉もどんどん古臭くなってきてるかな~。
もっと新しい言葉も吸収しなくては(^_^;)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

いよいよ今週です!6月29日(土)

「古武術に学ぶ ぶつからないココロとカラダの使い方」

ワークショップは毎回女性の参加者が非常に多いので柔術に興味はあるけど道場での体験入門は敷居が高い方はぜひ、ワークショップにご参加下さい。
ワークショップに参加して興味を持って道場に入門される方もいらっしゃいます。
お友達を誘っての参加も大歓迎です。
自分の心と身体のクセや緊張を知ることで人との関わり方がとっても楽になります。

初めての人もリピーターも、そして門人の参加も待ってます。
ワークショップじゃないと教えられないこと、学べないことが沢山ありますよ(^。^)


詳細、お申し込みはコチラをご覧ください

| 稽古日誌 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT