Archive2015年05月 1/3

柔術稽古日誌「学びなおし」

この前の稽古では「歩く」というところに焦点をあててみた。柔術の歩き方に関しては以前の稽古日誌「片足にまっすぐ乗る」を参照してください。歩くときの感覚としては地面を蹴るのではなく地面に足を「置いて」いく感じ。例えば砂浜を歩いているとして、地面を蹴って歩いていると足跡は崩れてしまう。柔術では砂浜にスタンプを押すように同じカタチに同じ厚みの足跡がずっとついていくような感じ。理屈ではわかってもこれが上手に...

  •  0
  •  0