ブログパーツ

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「ほうきバランス」

前回の稽古日誌でも書いた「転がらずに転がる」というのはやってみると結構難しい。

これを行う時のイメージとしては動き続けてる間は脱力状態を維持し続けなくてはならない。

腰を落としたら力が入るのは当たり前と考える人もいると思うが、それは「思い込み」である。

姿勢を保つのにそれほど筋力は必要ありません。
バランス状態
昔、学校のほうきを手のひらに乗せてバランスを取る遊びをやったことがある人は多いと思います。

その時のほうきのバランスを取るのに決して力は必要なかったはずです。

バランスが取れていればほうきを手のひらに乗せたまま移動したり、上下に運ぶこともできたはずです。

それが出来る為に必要なのはほうきの重力を感じるということ。


ほうきバランス
もし手に力を入れてしっかりと握りこんでしまえばほうきはぐらぐらしないけどほうきの動きは固まってしまいます。

しかしほうきを支えている手をとってしまったらほうきそのものを支えるものがなくなってしまうのでパタンと倒れてしまいます。

ほうきを支え、その上で自由に動けるようにするには緊張と脱力のちょうど良いバランスを取る必要があるのです。



人間の身体もそれと同じです。

照明バランス
つまり立つというのは地面の上で身体がほうきのようにバランスを取り続けているということです。

それはどんな姿勢になっても同じで、緊張と脱力のちょうど良いバランス感覚が必要です。

例えるなら部屋の電気が明るすぎると(過緊張)まぶしいし、スイッチを切ってしまえば(過脱力)真っ暗になってしまいます。

片足スクワット
緊張と脱力という真逆の方法をとっていても結果的にはどちらも身動きがとれなくなってしまいます。


ほうきと同じように丁度良く身体のバランスが取れれば片足のスクワットでも殆ど力感なく行うことが出来ます。


そんなの無理だ!と思うひとはまだまだ身体の使い方に「思い込み」が強いかもしれません。

そんな人は自分の思い込みは放棄(ほうき)して、頭の中をさっさと掃いて綺麗にしちゃいましょう。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

9月より湯島クラスオープン!

9月より月曜日に湯島クラスがオープンします。

場所は湯島駅より徒歩2分、JR上野駅からは徒歩8分というアクセスの良い場所です。

稽古日 毎週月曜日19時~20時、20時~21時

場所などの詳細はHPの入門案内をご覧くださいをご覧ください。

| 稽古日誌 | 14:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT