失敗に学ぶ

柔術の技というのは上手く出来るほど手応えというものがない。

何らかの動きを学ぶ上で手応えというのは非常に重要な感覚です。

しかしその手応えが無いというのが柔術の技なのだから困ってしまいます。


柔術では相手との力の衝突を避けます。

手を伸ばした時に衝突が起きないのであれば当然、手はすっと抵抗なく伸びるだけです。

もし上手く動けて手応えなく技が出来た時、問題はそれももう一度出来るかといえばそれが難しい。

正しい動きを再現しようにもそれをトレースするための手応えという感覚がないのだから。



ではどうやって正しい動きを身につけるか。


ちょっと発想を変えてみましょう。


技が上手くいった時に手応えが無いのでしたら当然失敗した時は手応えがあるわけです。

実際、稽古において上手く行った時は「あれ?今のでいいの」という感じで手応えがありませんが失敗した時は確実に「ぶつかったー」という手応えがあります。

この失敗した時に手応えの感覚を利用するのです。



「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

という言葉があります。


柔術の技で言えば、技が偶然上手く出来てしまうということはあっても、失敗する時にはかならず理由があるということです。


だったら手応えのない感覚を追いかけるよりも失敗の時に感じた手応えを一つずつ直していけば良い。



失敗する原因を全て取り除けば、後に残るのは成功だけである。



訪問販売のトップセールスマンというのは売った数に注目されがちだが、実は訪問して断られた数の方が圧倒的に多い。

成功だけを追い求めるのではなく失敗を恐れずに積み重ねられるからこそ成果を出すことが出来るのです。



「先生はどうして技が出来るんですか」という質問があったならばこう答えます。


「あなたの何百倍も技を失敗しているからです」


技が出来た時は楽しい、でも失敗したらそれを手掛かりに上達できるからやっぱり楽しい。


失敗を楽しめるようになりましょう。

OH62_nekorobunuko_TP_V.jpg

1 Comments

伊達屋酔狂  

出ました!今年最初の名言(まじめ編)

目指すは、人百倍の失敗!
失敗ニャくして成功ニャしかニャン、ニャンともニャっとく!
広沢成山今日あるは偶然ではない。

2018/03/07 (Wed) 17:44 | REPLY |   

Post a comment