ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2009/10/18楽々レッスン☆からだのコツ+ヒーリングヨガ

korabo1.jpg10月18日はコラボワーク「楽々レッスン☆からだのコツ」+「ヒーリングヨガ」でした。
このワークは先月よりスタートして、今回が2回目。
月イチ開催ということで、毎回テーマを絞ってちょいと掘り下げながらやっています。

八光流柔術の稽古の場合は、とにかく転がりながら身体の使い方を学んでいくもので、言うなれば「動」
対してこのワークは身体と心の結びつきや、心の変化が身体にどう影響し、また身体の変化が心にどう影響するかなどに気づき、そして手放すためのものでどちらかといえば「静」
どちらもやっていることの根っこは同じなんだけど、せかっくなのでma-paiという空間でしか出来ない事をこのワークではやっています。

さて、今回のワークのテーマは「思い込みからの解放」。
まあ、そんな風に言うとちょっと大げさかもしれないけど、ようするに身体の使い方の発想を広げるというもの。korabo2.jpg

ある動きをする時に、殆どの人がその動きをする方法をひとつに絞ってしまい、それ以外の方法が出来ない、というか別の方法があるという事すら思い浮かばなくなってしまう。
ところが本当は一見腕の動きに見えるものを実は、胸や背中、足など、身体のあらゆる部位がその動きを手助けすることが出来たりする。
実際に別の方法でやってみると「なーんだ」というような動きでも、指摘しないと案外出来ない人が多い。

つまり殆どの人が知らず知らずに、自分が勝手に作った動きのルールに縛られてしまう
今回のワークでは、そういう動きの常識・固定概念のちょっとした視点の変え方ということをやってみた。
korabo4.jpg
後半は「指の使い方」による身体の動かし方。
これも結局は、発想の転換なんだけど、指を自由に動かすことで身体に負担をかけずに楽に動かせるようになる。
この指の動かし方を利用して、座りでちょっと転がる遊びをしてみる。

相手に両手首をつかんでもらい、指で動きを導いて相手を左右にコロンと転がす。
右にコロン、左にコロン
皆さん、上手に転がしたり、転がされたり。
korabo5.jpg参加者の人が転がされると気持ちが良いですね、と言ってくれたのだが、まさにそうなんです。
自分も相手も力を抜いて柔らかく動くとお互いにとっても気持ちが良いし、転がれば転がるほど相手も自分もどんどん身体が緩んでくる。
こういう感覚を受け取ってももらえるとワークをやる側としてはとても嬉しいですね(^▽^)


私のワークの後は、井上貴子先生のヒーリングヨガ。
井上貴子先生のヨガでは、自分の足を揉んだり足指を回したりというのもやるんだけど、ヨガを教えてもらうようになって普段でも毎日足に触れるようになってからは、足がとても柔らかくなったのは勿論のこと、自分の身体への愛着が増したし、自分の身体へより深く感謝出来るようになりました。

柔術でゆるんだ身体がヨガでますますゆ~るゆる。
ワークが終わった後はまるで温泉にでも入った後のように身体がポカポカになりました。

来月のコラボワークは11月15日の予定です。
皆さんの参加お待ちしております。

| ワークレポート | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/110-2f110fc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT