いのちの食べかた

我々が毎日のように食べているお肉はいったいどこから来てどのようにされて自分のところに届いているだろうか。

屠殺場の存在はもちろん知っていたけど本を読んでかなり衝撃を受けた。

「いのちの食べかた」

読み終わった後もずーっと頭の中でもやもやと考えが浮かんでくる。

本の中でも何度も書かれていたけど「知らない」からいいじゃなくてまず「知る」ことが大切なのだろう。

0 Comments

Post a comment