集中力はいらない

タイトルだけみるとアンチ集中力ですが、要は集中力偏重主義では駄目ということ。

著者の本は小説もそうだが、独特の言葉の使い方とか考え方が面白い。

この本を読むと集中力よりも思考力の大切さを実感します。

0 Comments

Post a comment