ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2010/12/9稽古日誌「会話で稽古」

木曜日の夜クラスの生徒はHさんという女性。
この時間は時間があれば嫁も参加してもらっているので事実上レディースクラスみたいな感じ。

二人とも武道の経験は全くないので、ひとつひとつ身体を動きを確かめながら無理のないゆっくりとした稽古がこのクラスの特徴。
それと、もうひとつの特徴がお喋りの時間が結構長い(笑)

お喋りの内容は多岐に渡っていて、八光流の技のことはもちろん身体や仕事、趣味の事、日常の出来事など何でも。
稽古の時間にお喋り?なんて思う人もいるかもしれないけど、実はこれも立派な稽古なんです。

八光流の稽古の基本は心と身体の「気づき」と「手放し」会話の気づき

だからもちろん身体を動かしながら気づいていくことも大事なんだけど、自分の考えやクセ、思い込みみたいなものって案外身体を動かしている時よりもふとした会話の中で気づくことが多いんです。

「あっ、そうか」「なるほど」

稽古とは関係なさそうな会話のなかででもそんな風にふと何かに気づくとそれだけで身体の使い方が変わってくる。

とはいえもちろんお喋りだけで稽古が終わってしまうのも悪いので、身体を動かした稽古もちゃんとやりますよ( ̄∇ ̄;)。

今日は「手鏡」をみっちりとやりました。
型の流れから力の方向、腕の降ろし方や立ち方、膝の抜き方等々。

今日の午前クラスの稽古日誌で型についてのデメリットを書いたけど、型にはもちろんメリットもある。
その一つが身体のほぐし効果。

これが案外バカにならない。
日常ではあまり動かさない方向に関節や筋肉を動かすので適度なストレッチ効果があり、しかも八光流は経絡を利用しているので手鏡であれば小腸経やそれに付随するツボの刺激も兼ねています。
だから繰り返すほどに身体の緊張が抜けていき、肩甲骨の方までほぐれてスッキリします。

稽古が終わる頃にはHさんも「肩がスッキリした」と言っていました。
会話でスッキリ、技でもスッキリ。

稽古で肩の荷をおろして帰りましょう(^▽^)

| 稽古日誌 | 01:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はあ~なるほどー。武術の型はほんとうにいろんな意味で完成度が高いですね!
だから面白くて繰り返してしまう。それでいて飽きない(^-^)。

| hanamariko | 2010/12/10 17:21 | URL |

そうですね、型は繰り返すほどにスルメのように味が出る(笑)
型というのは、結局それにどう取り組むかで、良いものにも悪いものにもなるという二面性を持っているんだと思います(*^^*)。

| あんころ猫 | 2010/12/10 17:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/198-28604292

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT