ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『柔術のひみつ』第二回「抜き」

柔術のひみつの第二回目は「抜き」です。
「膝を抜く」とか「肘の抜き」と言った風にブログでも非常によく使われる言葉です。

柔術のひみつまず「抜き」という言葉ですが実は前回の「居つき」とほぼ対語になっています。

居ついているというのは抜けてないということであり、居ついていないというのは抜けているということ。

ですのでブログの中で「膝を抜く」という言葉がでてきたときは「膝が居つかないようにする」という風に考えても同じ意味になります。

「抜き」という言葉をとらえる上で一番重要なのは「抜き」は動作ではなく状態であるということ。

特に「膝を抜く」という事を多くの人が膝の力を抜いてカクッと曲げるような落下のことを「抜く」ことだと思っています。
広義では、それも間違いではないのですが、その方法は「抜き」を体感するための一つの方法に過ぎません。

もし膝の抜きが単なる落下だとしたら背が高い人ほど膝が多く落下するので得をしてしまうし、この考えだと正座した状態では膝を抜くことができない。
なにしろ正座では最初から膝が曲がった状態で地面についているのだから。

それに抜きを落下だとしてしまう大きな問題点が、抜きがA地点からB地点へ落下という一瞬だけの技術になってしまい、ゆっくり動くことはできないのです。
本当の「抜き」はA地点やB地点のようにスタートやゴールがあるものではなくいつまでも継続し続けることができる「状態」なのです。

では、その状態とは何か?
それが、前回の「居つき」で説明しました「居ついていない」と同じで「今、その瞬間からどの方向にでも自由に動ける状態」なんです。

ですので立った姿勢で膝を抜くというのは、その姿勢から歩いたり座ったりが予備動作もなく楽に動ける状態。
正座している時ならば、いつでもどの方向にでも自由に身体の向きを変えたり、立ったりすることができる状態。

正座から立つときに「どっこらしょ!」なんて地面を踏ん張りながらやっている状態は「抜き」とは一番ほど遠い状態です。

抜き膝や肘が部位としては代表的ですが、「抜き」は身体のどの部位にでも作ることができます。
これは「居つき」が身体のどこにでも起こるということと同じです。
居つくところがあれば抜くことができる。

だから身体ばかりじゃなく心だって抜くことが必要。
心が緊張してしまうと「気が張った」状態になってします。
だから心だって抜けるときは抜いた方が言い。
そういう心のリラックスを「気を抜く」と言い、緊張や不安でで息が詰まっている時に息を吐き出してリラックするのを「息抜き」と言う。

「手へん」に「友」と書いて「抜」
だから友達と手を触れ合うとリラックスできるんです

初対面の人が握手をするように手というのはコミュニケーションをするときにとても重要な役割を持っています。
だから手を通じての相手との触れあい、関わりを避けていては人とのコミュニケーションは取れません。

そういうのを「手抜き」って言うんです。

| 柔術のひみつ | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/244-fd0abdbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT