ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/7/17セラピスト・カウンセラーの為の柔術勉強会

7月17日の日曜日はセラピストや治療家、カウンセラー、コーチング、ボディワーカーといった心と身体に携わる職業の方向けの柔術勉強会を行いました。
今回の参加者はクレニオセイクラルや柔道整復師、フェルデンクライスといった身体にダイレクトに携わっている方ばかりでしたので勉強会の内容は主に身体の使い方に焦点をしぼって行いました。

今回の勉強会には身体もパワーも重量級の男性から華奢な女性までと幅広い参加者。
力に頼らない身体の使い方を学ぶ勉強会なのですからこういった組み合わせだと、より身体の使い方の効果がはっきりと確認できます。掘り下げる

体重が倍以上ありそうな男性を女性が片腕一本で動かすなんて腕力ではまず無理です。
その無理を身体の使い方を変えることで可能にする。
それが柔術の面白さであり、身体というものの奥深さでもあるのです。

今回は、肘、膝、腰、視線などの抜き、それと転がる練習まではやろうかなと思っていましたが、いざふたを開けてみたらなんとやったのは肘と腰の抜きだけ。
特に肘の抜きは勉強会の半分以上かけて掘り下げていったので腰の抜きに関してはまだまだ導入部分しかやってない。

これはうれしい誤算です。
というのもこの勉強会では沢山のことを詰め込むのではなく、ひとつひとつを丁寧に掘り下げて行くことを目的としています。
しかし掘り下げるには当然参加者の受け入れるレベルというものも関係していきます。

そういう意味では今回の参加者は非常に身体感覚にすぐれた方が多かったので動きをより深く、細かく、丁寧に捉えて行くという流れに自然になっていきました。

勉強会を終えて思ったのが、3時間連続で学ぶことの効用です。
同じ3時間でも1時間を3回別の日にやるのと3時間を1回でやるのでは全然違います。

教えた内容の濃さと参加者の上達のスピードを考えると少なく見積もっても1時間の稽古☓6回分位の稽古量にはなったと思います。
勉強会が1ヶ月に1回というのは身体感覚を変化させていくには物足りない回数ですが、凝縮した内容という意味では1回の稽古で1か月分の稽古と同等の学びが得られるというのはお得だと思います。

勉強会の最後は質疑応答や感想なんかもやろうかと思ったのだけど時間ぎりぎりまで身体を使う稽古をやって終了。
終わる頃の皆さんの身体は最初とは比較にならないぐらいゆるゆるっとなっていましたし、表情も優しい感じの顔になっています。
ですので、最初はなかなか反応がなかった私のくだらない冗談にも皆さん笑ってくれるようになりました。
皆さんなんて優しいんだろう(笑)。


次回の勉強会は8月21日(日)です。
参加者次第で内容はどんどん変化させていきますが、次回は「受け入れる身体」をテーマに転がることをやってみたいな、なんて考えています。

勉強会は毎回単発での参加が可能ですので今回参加した方はもちろん、次回が初参加の方も大歓迎です。
大事な身体の使い方は何度でも繰り返しやりますので好きな時にご参加ください。

対象者 セラピスト、治療家、カウンセラー、ボディワーカー、コーチング等、又は心と身体のつながりに興味のある方
日程  8月21日(毎月第3日曜日開催予定)
時間  13時~16時
費用  初回8千円、2回目以降6千円
場所  あおぞらカイロプラクティック内(馬橋駅前)
定員  6名迄

問合せ・申込 mail:hakkouryu@gmail.com
       携帯:090-4597-2623

| ワークレポート | 15:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

よかったです。

広沢先生、柔術勉強会ありがとうございました。肘の抜き、腰の抜きは、手応えのない所を目指していく事だと思いました。今の私の捉え方は、まだここに力が、入っている、抜けたと思ったが、ここに力が入って居る事に気づく事で、近づけるのでは、ないかと思っています。来月もよろしくお願い致します!

| 松岡です。 | 2011/07/19 21:31 | URL |

ありがとうございます

松岡様、勉強会の参加ありがとうございました。
そうなんです、大事なのは「気づく」こと。
気づくことができればあとはそれを「手放す」だけです。
次回もまたよろしくお願いします(^.^)

| あんころ猫 | 2011/07/19 23:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/258-82a23af5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT