ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日記「意識を偏らせない」

八光流柔術の型を覚える時、最初は手順をイチ、ニ、サン、と何段階かに分解して動きを覚えていく。
最終的には殆どの型は一動作で終わらせてしまうのだが、この分解動作も実は非常に重要なんです。

半身の稽古でも同じなのだが、人間というのはどうしても片方の手を動かしているともう片方の手の意識が抜けてしまう。
型を分解して学んでいるとどうしても動かしている部分にだけ意識を集中してしまいます。

右手だけを動かしている時も、左手だけを動かしている時も、足を動かしている時も、どんな時でも相手との「繋がり」を保ったまま行うのが大事です。
ちなみに「繋がり」というのはうちの道場では「線」という考えと共に重要な用語ですが、感覚的な部分も多く言葉では説明しづらいものなのでここではとりあえず「繋がり=崩し」と考えて読み進んでください。

例えばこういうイメージ。2本の命綱
相手が2本のひもを掴んで後ろに倒れているとします。

その状態で1本のひもが突然切れたら当然、相手は残されたもう一本のひもに必死にしがみつきます。
さらにその1本のひもが切れれば相手はそのまま後ろに倒れます。

つまり、この2本のひもは相手にとって命綱なんです。
だから2本よりも1本の方がより不安定になり、その1本すらなくなればバランスを崩さざるを得ません。

この2本ひもが手を掴まれた状態の両手なんです。

最大のポイントは最初から最後まで相手との繋がりが保たれているという点です。

これがもし片腕ずつ相手を崩すという分解動作だとしたら、最初の1本のひもが切れた時に相手は瞬間的にはバランスを崩すかもしれませんが、その次の動作の時は相手はすでに安定した状態に戻ってしまっています。
そうするとまたもう一度相手と繋がりを作ってからひもを切らなければなりません。

つまり型を分解して行う時に、相手が体勢的に不安定状態と安定状態を行ったり来たりしている状況ではちゃんと相手と繋がっていないということなんです。
これは最初にも言ったようにひとつひとつの動きだけに意識が行ってしまい、他の身体の部位の意識がおろそかになってしまうからなんです。

というわけで型をひとつずつ分解して動く時も身体の意識が一箇所に集中しないように、特に動いていない方の手が死んだ状態にならないように気をつけることが大事です。
もちろんそうは言っても意識があちこちに飛んで注意力散漫になっても駄目なんですけどね。

意識を集中しながら拡散する。

そういうバランスが大事です。
ま、言うはやすし行うが難しですよね(^_^;)

| 稽古日誌 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/313-49b2fb88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT