ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「肘の病」

稽古を続けていて脱力が上手になってきてもなかなか難しいのが肘の脱力(抜き)。
そもそも入門したばかりの頃は肘のどういう状態が緊張で、どういう状態が脱力なのかさえわらかない。
簡単に言ってしまえば肘が固まらないようにするということなのだがこれが意識してもなかなか出来ない。

どんな技をやっていても肘がカチッとロックしてしまう癖がなかなか抜けなくて苦労している門人が、これを自ら「肘の病(やまい)」と称している。
なかなか言いえて妙な表現である。

というわけで肘の病が不治の病にならないように処方箋を出して稽古してみた。

まずは超基本ではあるが腕の降ろし方。
ポイントは肩→肘→手首の順番で緩んでいくということ。

座った状態で横に立っている人に手を掴んでもらい腕を肩、肘、手首の順番で降ろしてみる。
この稽古方法は過去の記事で詳しく説明しているのでそちらをご覧下さい(2010/12/3稽古日誌「構えない」

これで上手くいけば問題なしなのだが、肘の病が重症の人はこれでも肩を落とした後に肘に力が入りすぎてしまい相手とぶつかってしまう。
これは肩の後に肘が緩まずに固まっているので手首が先に動いてしまい、肩→手首→肘という風になってしまうから。

そこで次の処方箋。
ピグモン1
立った状態で正面から手を持ってもらう。
自分の腕が前に伸びた状態で腕を降ろそうとすると肩はともかく肘に力が入って相手の力とぶつかってしまう。

次に相手に持たれた手はそのままに身体を前に進めて肘が自分の脇の下に来るように立つ。
この状態でするっと手を降ろす。
するとさっきまでの肘の病が嘘みたいに相手がベシャッとその場に崩れていく。
その瞬間、門人も思わず「!?」という顔になる。

確認の為に、何度が肘が身体から離れている状態と脇の下に垂れている状態を比べてやってもらうが何度やっても肘が脇の下に垂れている状態だと相手は簡単に崩れていく。

この状態は肩と肘は既に落下しているわけだから何も考えなくてもすでに肩→肘の順番が出来上がっているので後は手首を降ろすだけでOKなんです。

ピグモン2
というわけで、とりあえず肘を脇から離れないようにするというのが肘の病には効果的のようです。
この処方薬の名前を「ピグモン」と言います。

とりあえずしばらくは技の時はピグモンを使用して様子を見てみてください。
お大事に~。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
いよいよ明日だよ~~!!!

馬橋西口クラス3月19日(月)オープン
時間 20時~21時
体験入門者募集中~(^O^)/

お知らせ
3月25日()14時~17時は月末恒例の自主稽古会です。
自由に参加して自由に稽古してください。
午前・午後のクラスも通常通りやってます。

| 稽古日誌 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/325-2a7076e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT