ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「上手な稽古」

金曜日の稽古では、初段と二段の型を分かれて稽古した。
普段は型とは関係ない稽古をすることが多いのだが、この日はたまたま稽古の前に二段の人が型の復習をしていたのでそのままその流れで型稽古することになった。

いつもなら相手を次々と変えながら技の稽古をすることが多いのだが、今回は同じ相手とじっくり時間をかけて型を研究するという形での稽古に。

型は初段の人も二段の人も腕押捕をメインに稽古。
八光流柔術の型というのは同じ名前の型が段位が変わるごとに違う技になってくる。
なので腕押捕と言っても初段と二段では全く違う。

二段の腕押捕は本逆と言われる関節技が入ってくるのだがこれが難しい。
関節技なので力づくでもやれば痛いのは痛いのだがそれでは技とは言えない。
なるべく相手に痛みを与えないように関節技を極めるというのが重要。

その為には、必ず相手の崩しが必要になってくる。
そしてその崩しの術理というのが初段の腕押捕にある。
だから初段の型でしっかり崩しの感覚を掴んでいれば二段の腕押捕もスムーズに関節を極めることが出来る。

それぞれで門人達があーだこーだと工夫しながら稽古しているのを私がちょこちょこっとアドバイス。
このクラスは私以外にも師範が2人いて、門人達もうちの道場ではベテランが揃っているので、稽古の仕方が上手い。

何が上手いのかっていうと、技の感覚をお互いに伝え合いながら稽古が出来るという点。

「その方向だと力がぶつかる」
「肘の緊張が強いかな」
「あとちょっとだけ前に出てくると崩れる」

と言う風に、感覚をお互いにフィードバックしながら技をより精度の高いものに近づけていく。


身体感覚というのは非常に言葉にしづらいものなのだが、稽古に慣れてくると段々と身体感覚を言葉にして伝えられるようになってくる。
これが出来るようになると正直な話、師匠がいなくても稽古は成り立つ。
身体の声
実際、このクラスの門人達は稽古の材料を与えればそれを使ってどんどん料理し始めることが出来る。
ただし、変な料理になっていきそうな時は軌道修正しますが(^_^;)

自分の身体の声を聞き、それを言葉にする。
同時に相手の身体の声も聞き、それも言葉にする。

自分だけじゃなく相手とも身体感覚を共有するというところも柔術の稽古の面白さなんだと思います。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

春から八光流柔術始めてみませんか!


千葉・東京・神奈川どのクラスも入門者募集中!
どのクラスも自由に参加できるので自分の都合に合わせて稽古ができます。
楽しみながら護身術が学べて、日常の動作などにも役立つ技術を身につけてみませんか。
武道未経験者や女性の方も大歓迎です。
15歳から78歳まで幅広い年齢の方々がいらっしゃいます。

体験入門はいつでも出来ますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
体験入門の申し込みはコチラから。

| 稽古日誌 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/332-d307cfd6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT