ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「脱力チェック」

脱力レベルをチェックする為に基本的な稽古をやった。

脱力チェック正座で向かい合い片手を両手で掴んでもらう。
この状態から腕を動かして相手を崩すというもの。

実際やってみるとわかるが両手を押さえられた状態で腕力で動かそうとしても相当の筋力の差がなければまず相手を動かすことは出来ない。

一番簡単な方法は肘の脱力(抜き)。
肘を抜いてブラブラ出来るような状態を作ったら腕を動かして相手を崩す。

腕力だけで押さえている相手ならこれだけでも十分だが、稽古では相手も感覚レベルがあがっている。

動き出しがうまくいっても途中でも肘が居つくと相手にバシッと止められてしまう。

ある程度肘の抜きが出来たら、同様に首や背中、手首、指、視線など色々な部分の居つきをチェックしてみる。
動きがシンプルなだけにごまかしが効かないので自分の身体の居つきの状態がよくわかります。

状態をチェックする際に小さな変化を見逃さないということ。
例えば緊張した時と脱力した時のどちらのやり方でも相手が崩れないとしてもよく観察すると緊張している時よりも脱力した時の方がほんの数センチ崩れが大きくなっているかもしれない。
または緊張しても脱力しても相手の崩れ方は変わらないけど、自分自身の感覚として緊張している時よりは脱力している方がわずかでも動きやすいかもしれない。

技というのは最終的には出来るか出来ないかだけかもしれないが、稽古の時はそこにこだわってはいけない。

出来ないにしてもどの程度出来ていないか、前回の出来ないと今回の出来ないでどう違うか。
または出来ていたとしてもどのくらい手応えなく出来ているか。

柔術の鏡
出来ない技のなかにも出来るはあり、出来る技にも出来ないがある。

そういう変化を感じ取る感覚の精度を高めていくのが稽古なんです。
稽古では自分自身だけでなく相手もよく観察する。
人の振り見て我が振り直せ、と言うように相手をしっかり観察していると自分のこともよく見えてきます。

稽古相手はまさに自分を写す鏡です。
そして自分自身もまた相手にとっての鏡です。

模範とすべきもの、手本などのことを「~の鏡」と言います(本来の漢字は「鑑」)

しっかり相手の手本となるように柔術の鏡になってください。

| 稽古日誌 | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/366-41a54e8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT