ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「肩の落下」

前回の日記で肩を押さえながら相手を崩す稽古を説明した。
この肩を押さえるという行為には前回の説明のように肩が上がってこないようにするためという目的があるが、もうひとつ大事な目的があるんです。

それは肩を落下させるという動き。

どういうことかと言うと、どんな技でも腕の使い方としては必ず腕の落下、つまり重力を利用して行います。

そこで前回と同じ状況で稽古してみよう。

その時に、肩を十分に落とした(つもりの)状態から前にでて相手を崩そうとすると肩の部分がイラストのように前に向かっていく。
そうすると肩が相手に突っ込んでいくような形になり相手と衝突してしまいます。

肩の逆流2
では、今度はこの肩をほんのわずかでもいいから落下させてから前に進んでみよう。
すると、相手の先ほどと比べて簡単に崩れるのがわかります。
前回の稽古日誌でも書きましたが、肩に限らず緊張、脱力というのは自分の感覚が案外あてにならないので相手によく自分の肩の状態を観察してもらってフィードバックを受けながら稽古して行きましょう。

最初は肩を落とす感覚がわかりづらければ、肩をわざと少しあげておいて肩を落下させながらやるとわかりやすいです。

慣れてきたら肩の力を抜いたままさらに肩を落とすようにして動かしていく。
この時無理に肩を落とそうとすると逆に肩を下に押し込むような力が発生するのでこれでは逆効果です。肩の落下傘1
また勢いをつけて肩を落とそうとすると逆に相手の動きとぶつかってしまうので落下と言ってもゆっくり、落下傘のようにふわ~と肩を落としていくのがポイントです。

落とすという言葉にどうしてもとらわれてしまう場合は、落とすではなく肩を緩めるてから前に出る、という感覚でやってもかまいません。

ゆっくりと柔らかく肩が落ちる動きを柔術の世界ではらっかさんではなく、らっカタんと言うとか言わないとか…(^_^;)イワンネ

あぁ、何か前回とオチがかぶってるような…。

| 稽古日誌 | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/430-030c9f26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT