ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔術稽古日誌「座りでの落下」

座りでの腕の落下を使った技を稽古をやりました。

まずは両手を握ってもらった状態で腕を脱力して自分の腿の上に落下させます。
背中の緩めが出来ていれば相手はがくんと前のめりに崩れます。

引っ張ってしまいがちなので注意。
姿勢も大事で、身体が前傾するとどうしても引っ張ってしまいます。
逆に言えば引っ張るから身体が前傾するとも言えるかもしれません。
どちらにせよ姿勢は必ず真っ直ぐのまま腕の落下を使って相手を崩していきます。

腕の振分けこれが出来たら今度は腕の落下を使って手を前に伸ばしていきます。
上手く出来れば相手はそのまま後ろにのけぞるように崩れていきます。

表面的には押しているということになりますが、あくまでも腕の落下感覚が大事です。
腕の落下を全く使わずに手を前に伸ばそうとすると相手と力がすぐにぶつかってしまい動くことが出来なくなります。

感覚がつかみみづらい場合はまず両肩に力を入れて吊り上げておきます。
そこから一気に両肩の力を抜いて、その勢いを利用して腕を前に伸ばしていきます。

少々大雑把な動きにはなりますが、腕の落下感覚のエネルギーが手を前方に伸ばす動きに変換される感覚はつかめるかと思います。

さらに応用の動きとしては片方の手は腿の上に落下させながらもう片方の手は前に伸ばしていきます。
動きとしては両手を前後に振り分けるような感じです。
この時に左右の手に少し動きを加えると相手は横にコロンと簡単に転がっていきます。

ポイントは左右の手の力加減と動きのバランスが均等になっていること。
左右どちらかの手が主になってしまうとうまくいきません。
イメージとしては肘の力を抜いたまま走るときのように腕を前後に振る感覚です。

それとくり返しますがあくまでも腕の落下感覚が必要なのでそれが出来ていないとスピードとタイミングだけの動きになってしまいがちなので注意。

腕の落下は立ちでも色々とやりましたが座りではまた少々感覚が違ってきます。
それでも原理は同じです。

日本の武道である柔術の特徴は畳と裸足文化だからこその座り技にあるといっても過言ではありません。
座りでの稽古もしっかりとやらないとね。

これぞまさにTHE(座)・柔術、ってね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

水曜の夜に八光流柔術松戸クラスがオープンしました!
http://ankoroneko.blog115.fc2.com/blog-entry-435.html

全てのクラスで体験入門が出来ます!
40歳から始められる八光流柔術(古武術)をあなたもはじめてみませんか!
お申し込みはコチラから

| 稽古日誌 | 10:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして。
指圧師として働き、趣味で合気道を習っています。趣味とは書きましたが、合気道の稽古はまさに指圧の稽古になるので、合気道は仕事と無関係ではありません。
ですが稽古中は職場での出来事は一切思い浮かびません。道場の手前まで引きずっていたその日の嫌な思いも、稽古を始めた途端に忘れてしまいます。これは神経質な性格の私にとっては大変ありがたい効用です。

先生の書いておられることは、うちの師範が日頃おっしゃている事と一緒です。武道の目指す先は皆んな同じなのですね。
只、うちの先生は脱力系のオヤジギャグは言いませんけど。

機会を作って先生の指導を受けてみたいと思います。
その時は宜しくお願いします。

| 太郎 | 2013/11/14 17:04 | URL |

太郎様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

八光流では指圧と柔術は表裏一体で、柔術が上手くなりたければ指圧を学び、指圧が上手くなりたければ柔術を学べと言われています。

脱力系のオヤジギャグが嫌じゃなければぜひお越し下さい(笑)。
お待ちしております(^_^)

| あんころ猫 | 2013/11/14 23:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/443-ec9753a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT