ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10/12八光流柔術ワークショップ

10月12日の体育の日は馬橋にて八光流柔術のワークショップを行いました。

今回のテーマは「つながる」

正直な話、つながる感覚というのは、本来ならじっくりと時間をかけて身につけていくものです。
たった一日でどこまで参加した皆さんに感覚を掴んでもらえるかは不安もあったのですが、結果としては予想以上の成果がありました。

その出来ぶりには門人からは
「自分は何年もかけて出来たことが皆さん一日で出来てしまうなんて・・・」と驚いていました。

かたや参加した門人によっては普段の稽古では出来ないようなことがたった一日で出来てしまった人もいます。

そう、これがWSの面白さなんです。

普段とは違う「場」をつくることで誰もが短時間で大きな成長や変化を起こすことが出来るんです。

ただ、惜しむらくは参加された方が得た感覚というのは決して長続きするものではありません。

WSで作り上げた「場」だからこそ出来た感覚は、「場」がなくなればいずれ消えてしまいます。

だからといってもそれが無駄という事ではありません。
一時でも感覚を得た、ということが非常に重要なのです。

食べたことがない味は想像できなくても、一度でも食べたことがあればそれを思い出すことが出来ます。

もちろんそういう意味でもしっかりと身につける為には、地道な稽古の継続は欠かせないんですけどね。


今回の参加者も武道経験者及び施術家が多かったです。
WSの最後に皆さんの感想を聞きましたが、ご自身がやられている武道や施術に役立つヒントを得ることが出来たようで良かったです。
緩む身体
特に施術家の人たちにとっては触れるだけで身体が緩む「つながる」感覚は面白かったんじゃないかと思います。

今回のWSには私以外にも八光流師範4名がサポートしてくれたので参加された皆さんにとっては非常にラッキーだったと思います。


ちなみに現在、うちの道場に所属している師範は全部で13名(皆伝師範10名、師範3名)。
これだけの人数の師範がひとつの道場で指導をしているところはかなり珍しいでしょう。


WSの時にはいつも言うことですが、参加された皆さんにとって一回参加したら終わりではなく、新しい学びのスタートのきっかけとなってくれればと思います。

今回参加された皆様、そしてお手伝いいただいた師範、門人の皆様もありがとうございました。


★ブログ「ココロとカラダの学びの場」のWSレポート『10/12 「相手を受け入れる稽古×八光流柔術入門3」終了』

★現在、門人の募集は休止中ですが八光流柔術をぜひ学んでみたいという意欲と熱意のある方はご連絡ください
受け入れ可能なタイミングになりましたら個別にご連絡させていただきます。

| ワークレポート | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ankoroneko.blog115.fc2.com/tb.php/510-9684f529

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT