「手紙屋」

久しぶりの小説です。

最初に言っておきます。

素晴らしい作品です。

就職活動中の大学生が手紙屋と手紙で交流しながら仕事や人生について学ぶというストーリーてす。

必ずしも目新しい内容ではありませんが自己啓発やビジネス書、スピリチュアル本などで書かれるような内容が「小説」うという枠の中で見事に表現されています。

読んでいると気持ちが揺さぶられ震えてくるような感動がありました。

仕事や人生について原点に立ち返るきっかけに、なりました。

今年のベスト10には確実に入る一冊です。

1 Comments

伊達屋酔狂  

南砂町 ドクスメ

辿り着いたら止まらない、喜多川ワールド!ですね・・・間違いない

2017/09/28 (Thu) 00:04 | REPLY |   

Post a comment