fc2ブログ

モナドの領域

久しぶりに筒井康隆の本を読みました。

この本は筒井作品によくあるエロ・グロ・ナンセンスはなくある意味淡々と物語は進んでいく。

それでもやっぱり筒井康隆だなあ、と思わせる作品で最後まで筒井ワールドを堪能しながら読めました。

0 Comments

Post a comment